矯正歯科Q&A  
 
 
歯ならびが悪くなる原因って何?
  歯とあごの大きさの不調和やあごの異常な発育、遺伝、外傷・ケガ、乳歯の早期喪失、虫歯などがあります。 指しゃぶりや爪かみ、ほおづえ、口呼吸などの癖が原因で歯ならびがわるくなることもあります。
 
矯正って歯を抜くの?
 
矯正治療をはじめるときに、『歯をたくさん抜かれちゃう!』と心配される方がいます。決してそんなことはありません。
矯正治療の開始にあたっては、まず“精密検査”を行います。そして、そのデータを詳しく分析、検討して、患者さんそれぞれに一番ふさわしい歯の位置を決定します。そのふさわしい結果を得るためにやむを得ない時にだけ、歯を抜きます。
したがって、歯を抜くからといって決して後から“すきっ歯”になったりすることはありません。
 
矯正治療の効果は?
 
矯正治療の効果としては、次のようなことがあげられます。
  むし歯にかかりにくくなる。
  歯周病予防につながる。
  発音が正常になる。
  噛む機能、能率を向上する。
  口腔周囲の外傷をおこしにくくなる。
  顎、口腔の成長を健やかにする。
  顎関節の障害(顎関節症)を防ぐ。
  心理面でよい影響をもたらす。
 
目立たない矯正装置はありますか?
 
現在、矯正技術と歯科材料の進歩によってかなり目立たない装置も開発されています。
 
矯正治療は保険がきかないの?
  矯正治療は基本的に保険は適応されません。したがって、治療にかかる費用は医院によって異なることがあります。
 
矯正装置が壊れたら、どうすればいいですか?
  装置が壊れたり外れたりした場合は、なるべく早くご連絡下さい。次回の診察でも大丈夫な場合と、至急処理する場合とあります。矯正装置は入れ歯などと異なり、治療期間内にだけ使う器具です。耐久性が少し弱いこともありますので、治療中に壊れてしまわないよう、取り外しの際はケースに入れて大切に保管して下さい。
もし壊れてしまった場合、初回のみ無料で装置の作り直しをさせていただきます。
 
虫歯や親知らず、詰め物などの治療を行ってもらえますか?
  当院は、矯正治療専門の医院ですので、虫歯などの治療は、一般歯科の受診をお願いしています。
 
矯正治療が終了したら、その後は何もしなくて良いですか?
  きれいになった歯並びの後戻りを防ぐため、リテーナーという取りはずし可能な保定装置を使用して頂き、定期検診にお越しいただき経過観察となります。
 
子供の矯正は何歳から始めればいいですか?
  お子様によって歯列の状態は異なるので、何歳から・・とは、断定できません。反対に考えると、矯正は何歳からでも始めることができるのです。
早期に治療すれば、それだけメリットもありますので、お子様の歯が気になり出したら、ご相談にいらして下さい。
当院は、相談無料となっておりますので、お気軽にお越し下さい。
 
矯正治療の治療費は医療費控除の対象になりますか?
  はい、医療費控除の対象となります。確定申告の際に、治療費などのお支払いの一部が還付されることがあります。
1月~12月までの1年間に支払った医療費が10万円を超えた場合の超過分に対して適応されます。治療につかった費用の領収書は、大切に保管なさって下さい。
詳しくは、国税庁のHPをご覧下さい。
国税庁HP:http://www.nta.go.jp/
     
 
 

平日:14:00 ~ 19:00 土曜日:10:00より

完全予約にて診療しております。
お電話はいつでも受付ておりますので、お気軽にお問合せ下さい。

TEL:06-4862-4182

※ 不定休のため、診療日は下記のカレンダーをご確認下さい。
診療時間もカレンダーをクリックして詳細をご確認下さい。

とも矯正歯科
〒533-0023 大阪市東淀川区東淡路2-16-2
TEL&FAX:06-4862-4182
e-mail tomoko@tomo-oo.com
診療時間・休診日:カレンダーを参照ください

阪急淡路駅から歩いて4分!
阪急淡路駅を降り、東口から梅田方面に商店街を歩いていくと 左手に阪急オアシスストア、右手に東淀川区区役所の出張所が あります。 そこから50mほど進んだところにあります。

JR「淡路駅」から徒歩8分
阪急の淡路駅に向かって歩いて8分になります

copyright© 2018 Tomo Orthodontic dentistry All Rights Reserved.